ウェディングドレスの種類

ウェディングドレスには全体のラインのデザインだけでなく、材質、レースなどの使い方、襟、ショール、袖などいろいろ、限りなくデザインはあります。しかし、その中でも全体のラインの基本的な種類を簡単にご説明したいと思います。 プリンスラインはウェディングドレスの中でも人気のラインで、特に日本人の体型をうまくカバーし、可愛さも演出してくれます。バストラインも高く、足が長く見えるタイプです。プリンスラインと同様に日本人に人気があるのがAラインドレスとなります。

Aラインドレスも世界中で人気があり、クリスチャンディオールが1955年に発表したシルエットラインとしても知られています。シンプルなデザインが体型をすっきり品良く感じさせます。かわいいタイプにも大人っぽくも自由自在にできるタイプのドレスです。 マーメイドドレスというと、人魚の形を例えたものです。ウエスト、ヒップと体のラインを出して、膝下から広がり人魚のひれのようになります。スレンダーで背丈の高めの女性が似合うと言われています。足の長いスレンダータイプならフェミニンでエレガントで、とても素敵です。 スレンダーラインというタイプもあります。その名のとおりスレンダーなシルエットでシンプルに品の良さを感じさせるタイプです。Aラインなどとくらべボディーラインが強調されるのでスタイルに自信のある女性におすすめです。

エンパイヤドレスというのは最近人気が出てきているタイプのドレスです。アンピールラインとも言われています。ナポレオンの皇妃が着ていたということからこの名前がついたそうです。ウエストを締めずに緩やかなデザインなので妊婦の花嫁に人気です。 他にもベルの形を思わせるようなウエストを絞ったベルラインや、ミニスカートのミニタイプなどもあります。自分の体型にあったものを選ぶことがベストではないでしょうか。その中でもいろいろなタイプがあるので、そこから自分の好みのものを選べるはずです。


≪特別外部サイト≫
多種多様なウェディングドレスを用意している京都の結婚式場のサイトです … 京都 結婚式場